TOP < 2012年3月の記事一覧

2012年3月31日(土)

突風により

フランシアでは、フェンスに多くの花を飾っております。
本日の風は、とても強く花壇の花達も風に負けないように頑張っておりました。
花壇や花達は、無事でしたが、手作りで作った施設開所の案内板が風に煽られ、壊れてしまいました。
案内板は、施設が工事をしているときから、通り沿いに立てていましたので、目立っておりましたが、そろそろお役御免なのかと思います。

3/31誕生花 アルメリア  花言葉 共感
別名のハマカンザシ(浜簪)は,浜に生えて花の様子が簪に似るためです。園芸上ではアルメリアが一般的。
ピンク色の小さな花が球状につきます(頭状花序)。

アルメニア

2012年3月30日(金)

お客様と買い物

フランシアでは、お客様と一緒に食材を一緒に買い物に行きます。
買い物に行く事で、気分のリフレッシュ・生活力の維持や改善の為に、行っていただいております。
最近の野菜高騰の値段を見て、スーパーで驚かれていました。白菜が1/4カットで158円の金額に。。。。
以前、ブログで紹介しました無人野菜直売所でも、白菜を見かける事はほとんどありません。
値段も、ほとんどが全て100円でしたが、ここ最近では、野菜の種類や出来によって値段が変わって来ています。
その為、いつもちらしを見ながら、買い物先を検討しているこの頃です。

3/30誕生花 枝垂桜  花言葉 ごまかし
枝垂桜はバラ科の落葉高木。エドヒガンの一変種で、枝が垂れ下がるもの。季節は3~4月。花の色は、淡紅。

2012年3月28日(水)

体操風景

本日は、体操のご紹介いたします。
10時のお茶の前に体操を行っております。
体操は、10分程度ですが、冗談を交えたり、歌を交えたりと身体だけではなく頭の体操を一緒に取り入れています。
必ず行うのは、みんなで体操を行う為の「えい・えい・おー」の掛け声です。最初は恥ずかしがっておりましたが、職員と共にみんなで掛け声を行っております。

3/28 誕生花は、山吹  花言葉は、金運
山吹:バラ科ヤマブキ属
低山の明るい林の木陰などに群生する。樹木ではあるが、茎は細く、柔らかい。背丈は1mから、せいぜい2m、立ち上がるが、先端はやや傾き、往々にして山腹では麓側に垂れる。地下に茎を横に伸ばし、群生する。葉は鋸歯がはっきりしていて、薄い。

腕を伸ばして。。

山吹

2012年3月27日(火)

天気が良かったので

本日は、天気が良かったので、麻生区の細山にある香林寺ににある五重塔を観に行ってきました。
施設からは、車で10分位で行ける所にあります。
お客様の感想は、こんな近い所にすばらしい建物があるなんて。。と感動され、ご自身の携帯で写真を撮影されていました。
その日の夕食は、けんちんうどん・いなり寿司・ごぼう煮・ほうれん草のお浸しです。

本日の誕生花は、ジキタリス  花言葉は、胸の思い
ジキタリス:ゴマノハグサ科
長く伸ばした花茎に穂状に花を咲かせますが、株姿や花の形も独特な魅力があります。
花は釣鐘型で穂状に咲きます。内側に特徴的な斑点が入ります。
花のない時期の株は大きなロゼット状です。大きな葉はカサカサした手触りで、食べると有毒です。
背が高いのでボーダーガーデンの後方によく用いられます。

夕食

ジキタリス

2012年3月25日(日)

日光浴

本日は、朝から天気が良かったので、午前中の時間帯に施設の駐車場で日光浴を行いました。
ただ、準備をして外に出たら今までは太陽が出ていたのに、雲に隠れてしまいましたが、お客様全員がそろった時には、お日様も顔を出してくれました。
最初は、お話をしたり、歌を歌ったりでしたが、お客様から良い天気だから何処かに行きたいとの事で、急きょ昨日の梅の花をドライブに行きました。
ドライブから帰ってきた頃には、お昼となり、活動的な午前中でした。

もうすぐ、桜の季節となりますので、天気の良い日は、また皆で外に出かけたいと思います。

3/25誕生花・アルストロメニア 花言葉・華奢
アルストロメニア:彼岸花(ひがんばな)科
5~7月頃、豊富な色あいの花が開く。
花びらの斑点が特徴でめだつ。
花持ちがとても長い。切花として人気。
 別名「百合水仙(ゆりずいせん)」

駐車場にて

アルストロメニア

2012年3月24日(土)

施設近くの梅の花

本日は、小規模多機能型居宅介護を利用しているお客様の送迎の道で、梅の花が咲いておりましたので、紹介させて頂きます。
写真の場所は、麻生区向原・千代ヶ丘になります。
たまたま、普段とは違う道で送迎をした時に、見つけました。
今度は、他のお客様やグループホームのお客様とドライブに行きたいと思っております。

3/24誕生花・花菱草(はなびしそう) 花言葉・希望
ハナビシソウ(花菱草)について
アメリカ・カリフォルニア州の州花で原産地では乾燥した大地で気丈に育ち花を咲かせます。本来は毎年花を咲かせる多年草ですが、高温多湿に弱く梅雨頃に枯れてしまうことが多いので日本では一年草として扱うことが多いです。
花のかたちが紋所の「花菱紋」に似ているところから「花菱草」という名前が付けられました。
花は日の光が当たると開き暗くなると閉じます。草丈は30~60cm、花は大輪のもので径6cmほどになります。風にそよぐ花と、細かい切れ込みが入る葉はなんとなく、やわらかなイメージを与えてくれます。濃いオレンジ色の一重咲きの他に、赤やピンク、黄色などの花を咲かせるものや八重咲き、草丈の低いものなど、多くの園芸品種があります。

花菱草

2012年3月23日(金)

本日の昼食

フランシアの小規模多機能とグループホームの食事を紹介いたします。

フランシアでは、各階にカウンターキッチンがあり、出来る限りお客様とともに食事作り等を行っております。

・グループホームは、「やきそば」をホットプレートを使用して、お客様が中心で作りました。出来上がりを職員共に食卓を囲み、本日の出来栄え等を会話にしながら、楽しい食事となりました。

・小規模は、「ブリの照り焼き・かに玉」をお客様と一緒にキッチンに立ち、食事作りを行いました。
とても上手にでき、いつも職員がお客様に味付け等を教えてもらっています。

各階にて、メニューが異なるのは、お客様の声をメニューに反映しているからです。
食事は、楽しみの一つであるとともに、健康な身体作りとなります。
フランシアでは、食事を大切に考え、今後も皆様が楽しく、美味しい食事作りを行ってまいります。

3/23 本日の誕生花は、連翹(れんぎょう) 花言葉は、希望
モクセイ科 
毎年 3月後半から、4月にかけて 黄色い花が咲きます。
小さい花ですが、寄植えすると黄色い壁になり大変きれいです。
また、新緑の葉が出てきた時は、黄色の中の緑模様、
後半は 緑の中の黄模様と楽しめます。

焼きそばを作っています

2012年3月22日(木)

タオル体操

本日は、タオル体操を行いました。
身近なタオルを使用しての体操となります。
タオル体操の特徴は、両手で1本のタオルを持って行い、タオルを使う事で身体の可動域が広がることです。
腕と上半身の体操なので、座ったままでも出来ます。
歌に合わせながら、楽しく出来る事も魅力の一つです。

毎週木曜日の午後2時頃から、フランシアの1階小規模のデイルームで行っておりますので、ご興味のある方は、いつでも見学に来てください。
体操後には、美味しいお茶とお茶菓子を用意してあります。

3/22の誕生花は、チューリップ 花言葉は、博愛

手を上に伸ばして。。

2012年3月21日(水)

一度施設に遊びに来ませんか?

木曜日の午後に小規模多機能で、タオルを使った簡単な体操を行います。
明日は、約10名の方と職員で行う予定となっております。
明日の様子は、またブログにて更新させて頂きます。
今後も引き続き、体操・介護予防・健康講話と様々な企画を行ってまいります。

フランシアでは、ご協力していただけるボランティアさんを求めております。
お客様と一緒に午後のティータイムでお話をして頂ける方~手工芸~外出付き添い等と皆様のご趣味等を生かして頂ければと思っております。
ご興味のある方は、気軽に電話・メールを頂ければと思います。
職員一同お待ちしております。

3/21誕生花・・桜蘭 花言葉は人生の出発
つる性多年草で、葉は多肉質で光沢があり、茎は岩や樹木に付着根を出してのびる。淡いピンクの星状の小さな花冠が手まりのように集まった花は直径数センチから10数センチ位。

さくららん

2012年3月20日(火)

手作り看板と本日の誕生花・花言葉

カーサしんゆりフランシアの手作りの看板が出来ました。
お客様と職員が共同して、手作り看板を作成いたしました。
今回はフェルトで、作り上げましたが、文字の「ん」「ゆ」は苦労しましたが、その苦労が手作りの暖かさが感じられる看板が出来上がりました。

フランシアという名前は、ゆりの新しい新種の名前であり、百合は神奈川県の花であり、新百合ヶ丘と新しい街で、新しい施設がその街に根をはり新しい花を咲かせるという意味を込めています。
今は小さい苗ですが、お客様とご家族様と職員とで大きな花を咲かせて行きたいと思っております。

3/20の誕生花は、みつまたです。花言葉は、意外な思い
名前の由来は、放っておいても枝が三つに分かれるところから名付けられました。俳句では「三椏の花」「結香の花」として、仲春の季題のひとつとなっています。

みつまたの写真

2012年3月19日(月)

手作りクッキー

昨日、グループホームに新しいお客様2名をお迎えいたしました。
その日のおやつは、2名のお客様のおもてなしとして、職員とお客様と手作りのクッキーを作りました。
クッキーの出来上がりは、市販の物よりも優しい味でとてもおいしく出来上がりました。
クッキーは、その日にいた職員・お客様・ご家族で午後のティータイムで味わいました。

2012年3月18日(日)

春を待ちわびて

暑さ寒さも彼岸までと申しますが、本日はあいにくの雨で少し肌寒さを感じる日となりました。
本日は、施設内での過ごし方やレクリエーションの一部をご紹介させていただきます。
現在さくらのちぎり絵をレクリエーションで行っており、まだ完成まで20%の状況ですが、桜の開花予想より早く、桜の完成を目指しています。
施設の近くでは、施設裏にある小川沿いや、近くの麻生川約1kmさくらが並んでいる名所があります。神奈川県の開花予想は3/30で、満開予想が4/7となっております。その時には、お客様・ご家族と一緒にお花見を楽しみたいと考えております。
【写真2】フランシアでは、ご自身で出来る事はご協力をしていただいております。
その中で、食事の配膳をお手伝いして頂いている場面となります。
食器は全て陶器やうつわを使用しており、お客様がご自宅で使用していた湯呑等も使用しております。
【写真3】午後のひと時の写真です。
TVを一人占めしながら、足のマッサージを受けております。
職員がお客様との時間を大切に考え、一人一人の時間を大事にしております。高齢者の方は、むくみ等もある為、下肢のマッサージを行い血行を促しております。
その他にも、有資格者によるタクティールも行っております。
詳しいタクティールについては、3/13の記事をお読み下さい。

お手伝いをしていただいています。

心地良いひと時

2012年3月15日(木)

食事について

フランシアでは、食事は各階毎のキッチンで手作りで作っています。
今、野菜が高騰していますが、フランシアのある古沢地区周辺では、近くに無人野菜販売があり、新鮮な野菜が売られています。
出来る限り、新鮮で安心した物をお客様に食べて頂きたく、職員が栄養バランス、見た目、温かさ、雰囲気、手作りの味にこだわり提供しています。
食事の写真は、3月15日の小規模の昼食の写真になります。
小規模は、通い・宿泊・訪問の3つのサービスを取り入れたサービスです。
職員・お客様と慣れ親しんだ関係作りの中で、在宅生活支援のサービスです。
その中でも、食事は楽しみの一つである為、フランシアでは、お客様の声からメニューを反映し、季節感を味わい、一緒に食事を作り、歓談しながら、楽しい時間を過ごしていただきます。

無人野菜販売所

2012年3月13日(火)

幸せホルモン分泌促進「タクティールケア」

皆さんこんにちは!
今日は、カーサしんゆりフランシアが取り組んでいるケアの一つ「タクティールケア」についてご紹介致します。
「タクティールケア」という言葉、あまり聞き慣れない方も多いかと思いますが、医療や介護の現場において、今とても注目されているケアの一つです。

タクティールケアは、未熟児看護に関わっていたスウェーデンの看護師らによって、1960年代に誕生しました。看護師らは、未熟児の子どもに手で触れてケアすることにより、発育が順調になり、親と子どもの絆が深まるということに気がついたのです。その後タクティールケアの手技が整えられ、補完療法の一つとして位置づけられるに至りました。現在、その活用範囲は認知症ケア、がんの緩和ケア、未熟児ケア、障がい者ケア、ストレスケア、いじめ予防等様々です。
「タクティール」という言葉は、「触れる」という意味を持つラテン語の「タクティリス(taktilis)」に由来します。タクティールケアは、その言葉が示すとおり、相手の身体に柔らかく包み込むように触れるケアです。肌と肌とのコミュニケーションを通して、相手の不安な感情を取り除いたり、痛みを和らげたりする効果があります。また、ケアを行う側の人物も穏やかで落ち着いた気持ちになれるのがタクティールケアの特徴です。

タクティールケアは、つぼや筋肉を刺激することにより効果を得るマッサージとは違い、優しい接触を継続的に行い、オキシトシンというホルモンの分泌を促すことによって効果を得ます。オキシトシンは別名安静ホルモン(幸せホルモン)とも呼ばれており、血液を介してオキシトシンが体内に広がることで、ストレスに反応して分泌されるコルチゾールというホルモンのレベルを低下させ、安心感をもたらします。タクティールケアには更に、「ゲートコントロール」効果を通じて痛みを緩和する作用があります。触覚は、皮膚にある受容体を通じて脳に信号が送られることにより感知されます。この仕組みは痛覚も同じですが、痛覚の信号より触覚の信号の方が早く脳に伝達されるため、触覚の信号が痛覚の信号の伝達を阻み、痛覚が緩和されます。これがいわゆるゲートコントロールの仕組みです。

特に認知症症状をお持ちの方は、言葉のコミュニケーション以上に五感に語りかけるコミュニケーションの方が、より伝わり易い場合があります。人肌の温もりを通じて得られる安心感から心は穏やかになり、お客様のみならず、職員のご家族にも大好評とか!
皆様も是非、カーサしんゆりフランシアで「タクティールケア」を体験なさってみませんか?本当に癒されますZZZzzz・・・・・

柔らかい感触で指先を包みます

アロマの香りと音楽でリラクゼーション

2012年3月9日(金)

施設での工夫

ナースコールのカバーを職員が手作りで作っています。
リモコン式ナースコールは、殆どのお客様が枕元に置いてご利用されております。職員から「もっと肌触りが良くて可愛いのはないかしら?」との声が上がり、皆でアイディアを出し合い、裁縫の得意なスタッフがお客様お一人おひとりに手作りで作成いたしました。
男性のお客様は青色、女性のお客様はベージュ(可愛いリボンも付いてます)のナースコールカバー。これなら枕元に置いても、肌触りも良く邪魔にはなりませんね。
これからも、お客様の快適な生活を送れるように、職員の「得意」を生かしながら頑張ってまいります。

手作りのナースコールカバー

2012年3月3日(土)

雛飾り

フランシアでは、職員が●十年前子供の頃に飾っていたお雛様を飾り、お節句のお祝いをいたしました。
昔のお人形なので、現在のお人形と顔の作りも違い、大きさも湯呑茶碗と同じ位ですが、お客様・ご家族様からは「珍しいわね」と好評です。その為、飾る期間も延長しております。
独身女性職員からは「お嫁に行けなくなっちゃう」と不安の声もありましたが、大丈夫!地方によっては旧節句の4月3日にお祝いするところもあるそうです。

フランシアでは、初めてのひな祭りを迎え、昼食にはちらし寿司、ハマグリのお吸い物等、お節句メニューをご用意し、お客様・ご家族・職員で一緒に団欒の時間を過ごしました。

雛段飾り

2012年3月1日(木)

カーサしんゆりフランシア

新百合ヶ丘駅から徒歩8分に、カーサしんゆりフランシアがオープン致しました。施設見学会開催中です。是非お問合わせください。

3階建て建物の1Fは、小規模多機能型居宅介護。デイ、ショート、訪問介護の3つのサービスがこの1カ所で利用出来てしまう、とても便利なマルチ施設です。どのサービスを何度ご利用いただいても、1か月の介護サービスご利用料金は介護度に応じ一律なので安心。(※ほかに食事代・宿泊代等、実費がかかります)
朝、ご家族がお仕事に出かける前のお時間から、ご家族がお仕事から帰られる遅いお時間までデイサービスを利用することも可能。駅から歩いて8分のロケーションも、魅力の一つです!また、急なショートステイのご利用も、お部屋に空きさえあれば当日のお申し出でもご利用頂けます。

2F、3Fのグループホームは、9名×2ユニットとなっており、定員が18名の小ぶりな施設。家庭的で温かい雰囲気の中で、お一人おひとりの生活リズムや想いを尊重し、これまでご自宅で暮らしてこられた延長線上の暮らしが出来るような雰囲気作りを心がけております。
「好きな時間にお風呂に入りたい」
「朝ごはんは遅めがいいわ」
「時間がかかってでも、歯磨きは自分でする」
お一人おひとりのリズム、こだわり、想い、あるがままを受け入れ、ゆったりと穏やかにお過ごし頂けるのも、小ぶりな施設の良さですね!往診も1~2週間に1回のペースで、施設の居室内で受診できますし、何と言っても、グループホーム、小規模多機能それぞれに1名ずつ、常勤の看護師がおりますので、健康面にご不安のある方でも安心の体制です。

是非お近くにお越しの際は、いつでもお立ち寄り下さい。看護師、ケアマネージャーとの個別相談も可能ですので、どうぞお申し付け下さい。

明るく清潔感に満ちたリビングダイニング

居室は全室個室で収納と洗面台付きです