TOP < みたらし団子と1000年目の月

2018年11月23日(金)

みたらし団子と1000年目の月

こんにちは、霜月です。

ここ数日はグッと寒さが厳しくなってきました。
みなさま、体調を崩されてはいませんか。

さてさて、本日は満月ということで、フランシアのおやつは久しぶりに「豆腐入りみたらし団子」
今回も、看護師のTさんがあっという間に作って下さいました。

ふわふわツルンのお団子に、これまた手作りのみたらし餡がたっぷり。
お茶と一緒に「いただきま~す」
皆さん、ペロリと召し上がっていました。(笑)

満月だったのでみたらし団子・・・と言いましたが、本日の満月はかの有名な藤原道真が「望月の歌」を詠んでから、ほぼ1000年目の月なんだそうです。

「この世をば わが世と思ふ 望月の 欠けたることも なしと思えば」

平安時代からは生活の様式も風景も様変わりした日本ですが、空に浮かぶ月を眺めて「きれいだなぁ」と感じる気持ちは変わっていないようですね・・・


(カーサしんゆりフランシア  霜月)

にこにこ笑顔でいただきます♪

なんとなく、似てますか?