TOP < 避難訓練

2018年6月16日(土)

避難訓練

こんにちは、水無月です。
先日、フランシアで防災訓練が行われました。

総務省の出した統計では平成29年の火災原因の第一位は「放火」、第二位は「たばこ」、第三位は「コンロ」となっています。
フランシアはオール電化なので、コンロからの出火はありませんが、配線や電気機器からの出火が考えられます。フランシアのご近所で火災があった場合も避難しなければなりません。

今回は皆様がおやすみになられている時間帯(夜間帯)の避難訓練を中心に行いました。
夜間帯は職員数が少ないため、初期消火が重要です。
フロアに設置されている消火器の場所の確認、消火器が正しく使えるか、初期消火に失敗した場合の対応も大切です。
手順を確認しながら避難誘導に取り組みます。

訓練ということもあり、もたついてしまう場面もありましたが、毎回同じ手順を繰り返していくうちに、一連の動作が身につき「もしも」の時でも慌てずに対処できるようになります。
水消火器での消火訓練も、初期消火の際に対象物へのアプローチ方法を身につける訓練です。繰り返し訓練することが重要です。

この日はあいにくの雨模様でしたが、ご利用者の皆様にもご協力いただき、無事に避難訓練・消火器訓練を終えることができました。

まず、火事を出さない事、「もしも」の時は慌てず冷静に対処できるように心がけたいと思います。


(カーサしんゆりフランシア Nabe)

避難誘導は焦らず迅速に!

水消火器で初期消火の訓練!